私の願いが通ればいいはず


by einikaitayouni

痛風とコルヒチンの関係

人間の体とは不思議なものでできていると思います。いやなことを考えたり感じることでストレスになる。この症状を治すために、必死になって改善しようとします。これは人間の中では一般的には普通だと思う。

特に、大人になると、ストレスはどうしてもたまりやすくなります。
社会に出ることで急激にストレスがたまりやすくなり、このストレスを和らげるために、お酒に手を染める人がいます。これは悪いことではなく、むしろ健康的な体を求める人には良いこと。しかし、アルコールを体内に吸収しすぎることで、大きなトラブルになります。アルコール依存症や、尿酸値が高くなることで痛風が起こります。

そのために、対処法として、治療薬であるコルヒチンが適用されます。痛風は尿酸によっておこる秒雨季で、血液中の尿酸値が高いほど、痛みになり、歩くことや寝ることもできなくなるために、事前に健康検査を受けることが望ましくなる。

コルヒチンは、尿酸値を下げる役割をしますが、あくまでも飲み続けなくてはいけない、しかも、お酒は飲めなくなるといういわばストレスが溜まってしまいそうなことが起こるために、やはり痛風になる前に、普段から適量なアルコールを計画的に考えておくことが重要になると思います。

たとえ、コルヒチンを服用し、改善できたとし、そのまま服用を中断することで、DNAやRNAなど、尿酸の元となる部分が拡散し、プリン体が上昇するために、結局は痛風が戻ってきます。
コルヒチンと痛風の関係
[PR]
by einikaitayouni | 2014-08-25 15:49